マッチングアプリ

マッチングアプリを使い始めたきっかけは、友人と話しているときに恋愛の話になり、最近自分には良い出会いがないなと言うと、マッチングアプリとかやってみたらと話題に出たことがあったからです。それまでは、マッチングアプリと言う選択肢が自分の中にはなかったのですが、誰でもスマホを持っている現代において、若者も抵抗感なく普通に使っていたりするので、あまり偏見のようなものも薄れて使い始めました。

私が使用したマッチングアプリは、Withというアプリで、このマッチングアプリでは自分の性格を診断するところから始まります。自分の性格診断をして、どんな性格なのか、どういった性格の人と相性が良いのかと言うことを教えてくれます。自分自身とも向き合えていいと思いました。そのほかにも、いろんな機能がついていて、中でもプロフィールに自分の好きなことを選択式で選べる機能は、簡単でわかりやすくていいと思いました。映画や、本や、好きな食べ物など、初対面の相手とも会話がしやすそうなものを、選択式で選んでいくことができるので、いいと思います。

実際に、共通の好きなものから話題が広がっていくことも多く、共通の趣味を持っている人とも出会うことができました。私の場合、趣味は色々あるのですが、本が好きで、だけど大人しいというよりからアウトドアもインドアも両方楽しめて、知的でだけど、見た目は地味ではなく、むしろお洒落な感じの人がいいのですが、そういう方はあまり見かけないので、諦めていたところ、ちょうどそんな感じのような人と出会うことができて驚きました。

さすが、ネットだな、と思います。実生活ではなかなか出会えなそうな人とも繋がることができるのは、すごいことです。20代で、哲学や音楽、好きな本や映画や、海外旅行の経験があるひとの方がいいというのも条件に入っていますが、なかなかそういう人も自分の周りにはいなかったので、新鮮な気持ちでした。でも、マッチングアプリを使っても、そういう方はあまり見かけません。大抵の人が、薄っぺらい会話で適当にLINEを聞き出そうとしてくる奴らばかりで、程度が低いです。だからこそ、数少ない魅力的な人とはくっつきやすいと思います。ほかがダメダメだと、少しいい人がいただけでも輝いて見えるからです。

こういうところは、現実もネットも同じなんだなと感じます。なので、実生活でモテない人は、きっとネットでもモテないんだろうなと思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です